Entries

農家生活の向上(4)

              ☆塩魚、干魚から生魚へ―ガンガラ部隊― 一九六〇年ころ、宮城県の平坦部の農家に調査でおじゃましたとき、通された茶の間の机の上に何か白い粉のようなものが山盛りにのっている盛り皿があり、それにさじがさしてある。お茶請けらしく、お茶を出してくれた奥さんからさあどうぞと言われる。でもどうやって食べるのかわからない。手をつけないでいると、遠慮していると思ったらしく、さじですくって私...

Appendix

訪問者

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

酒井惇一

Author:酒井惇一
元・東北大学農学部教授
元・東京農業大学生物産業学部教授
現・東北大学名誉教授

 本稿は、昭和初期から現在までの4分の3世紀にわたる東北の農業・農村の変化の過程を、私が農家の子どもとして体験し、考えたこと、また農業経営研究者となってからの調査研究で見、聞き、感じたことを中心に、記録したものである。

QRコード

QR