FC2ブログ

Entries

山地の大規模開発―ハイコンセン・テイコウホウ―

               山間畑作地帯と畜産、畑作等の新しい動き(1)               ☆山地の大規模開発―ハイコンセン・テイコウホウ― 1966(昭和41)年の夏、上北機械開墾事業の調査で青森県六ヶ所村に行ったときのことである。1956年から60年にかけてこの事業で開墾された広大な草地を前にしていろいろと説明をしてくれた県庁の職員がときどき「ハイコンセン」という言葉を使う。初めて聞く...

Appendix

訪問者

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

酒井惇一

Author:酒井惇一
元・東北大学農学部教授
元・東京農業大学生物産業学部教授
現・東北大学名誉教授

 本稿は、昭和初期から現在までの4分の3世紀にわたる東北の農業・農村の変化の過程を、私が農家の子どもとして体験し、考えたこと、また農業経営研究者となってからの調査研究で見、聞き、感じたことを中心に、記録したものである。

QRコード

QR