Entries

東北の山村の農用地利用方式

             東北・日本の風土と農林業(3)           ☆東北の山村の農用地利用方式 これまで述べたように、日本の風土は世界でもまれにみる豊かさを誇っているのであるが、国土の7割が起伏の激しい山々で占められていること、つまり耕地が相対的に少ないことは食料供給という面からいうと問題となる。 しかし、前節でも述べたようにわが国の気象条件と土地条件からしてその耕地はきわめて豊かである。...

Appendix

訪問者

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

酒井惇一

Author:酒井惇一
元・東北大学農学部教授
元・東京農業大学生物産業学部教授
現・東北大学名誉教授

 本稿は、昭和初期から現在までの4分の3世紀にわたる東北の農業・農村の変化の過程を、私が農家の子どもとして体験し、考えたこと、また農業経営研究者となってからの調査研究で見、聞き、感じたことを中心に、記録したものである。

QRコード

QR