FC2ブログ

Entries

おてんとさまの匂い

            続・においの記憶(1)           ☆おてんとさまの匂い 雪解けの3月、畑の土が見えてくる。雪解け水をしっぽり含んだ畑のやわらかい真っ黒な土をおてんとさまが暖かく柔らかく照らす。かげろうだろう、景色がゆらゆらと揺れて見える。同時に、いつもと違う畑の湿った温かい土のにおいが立ち上ってくる。特別いい匂いでも何でもない。でも子ども心にふと考えてしまう、これは春のおてんとさまの...

Appendix

訪問者

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

酒井惇一

Author:酒井惇一
元・東北大学農学部教授
元・東京農業大学生物産業学部教授
現・東北大学名誉教授

 本稿は、昭和初期から現在までの4分の3世紀にわたる東北の農業・農村の変化の過程を、私が農家の子どもとして体験し、考えたこと、また農業経営研究者となってからの調査研究で見、聞き、感じたことを中心に、記録したものである。

QRコード

QR