FC2ブログ

Entries

近年の農業・農村と天気予報の利用

             お天気・思いつくまま(9)        ☆近年の農業・農村と天気予報の利用 東北地方はいうまでもなく何度も冷害に見舞われてきた。主作物の稲などは収穫皆無になることさえあった。それで冷害に対処するための耐冷性品種の開発、危険分散のための早・中・晩生の品種を組み合わせた栽培、低温がきたときの水管理技術、病害虫防除対策等の確立に力を入れてきた。 しかし、1970年以降米余りが問題...

Appendix

訪問者

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

酒井惇一

Author:酒井惇一
元・東北大学農学部教授
元・東京農業大学生物産業学部教授
現・東北大学名誉教授

 本稿は、昭和初期から現在までの4分の3世紀にわたる東北の農業・農村の変化の過程を、私が農家の子どもとして体験し、考えたこと、また農業経営研究者となってからの調査研究で見、聞き、感じたことを中心に、記録したものである。

QRコード

QR